読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【なぜなぜ日記】インスタグラムの投稿内容を考察した

消費者は自ら発信したがっている。

その欲を叶える代表的なメディアがインスタグラムですが、

今回はインスタの投稿の傾向をまとめてみた。

どんなモチベーションで投稿してるんだろう?どんな使い方をみんなしてるの?ということが気になりました。


きっかけは、やたらとみんな結婚式の写真をあげていることから。


くくってみると、

パターン①瞬時の発信(ツイッターの代替SNS)

パターン②日常の備忘録(mixi日記の代替のような)

パターン③常時得意分野アピール(いつでもみられるESのような)


こんな使い方をしている人にわけられるかなーと、


パターン①瞬時の発信

例) 待ち合わせ時間間違えた〜/迷子になった〜


→誰かに思わずいいたくなる突然わきおくる気持ち(おっちょこちょいな自分、ショックだった出来事を通じた)

を写真付きで発信する傾向がみえました



パターン②日常の備忘録

例)新しい靴買ったよ/ネイル変えたよ/(バンドのライブ中、一番きまってる時)/花嫁花婿を囲むよ


例)久々モンスターファームやってるよ/故郷帰ったよ/1歳→3歳の我が子の写真比べるよ


例)ジャパンカップ購入したよ!/パンダエクスプレス行ったよ


○ポジティブな気持ちの共有(嬉しい、ウキウキとした気持ちの時)

○懐かしいことの回帰

⚪︎話題のものキャッチするミーハーさ


これらを表したくて、発信する傾向が見えました👮


パターン③常時得意分野アピール

例)今日もジム行ったよ/(ひたすら自分で撮った風景や人物の写真を載せる)/今日彼のために作ったお料理/ネイルやってあげたよ(ネイリストさん)


例)冷蔵庫の中を整頓したよ/街のゴミ拾いイベントに参加したよ


SNSを使って自分のブランディングをしている賢い?発信する傾向がみえました👮


→また、社会や家庭のために「いいことをしたよ」ということのアピールに使う傾向も。

(せっかく頑張ったんだから褒めて、って遠回しの偉いでしょ私、をいいね!で満たして欲しいってモチベーションかな)



<広告の事例でいうと…>


⚪︎インスタ投稿すると割引キャンペーン

パターン①瞬時の発信  の人にはきくけど、②には▲、③にはNGだなと。


⚪︎#prayforparis

→人の気持ちの集合体。

中には、いいことしたいという漠然とした気持ちを持つ③に響くなと。


…(出先のため、インスタを使ったキャンペーンどんなものがあるかもっと後日調べたいところ)


---

いろいろ見てて

嬉しい気持ちとか、懐かしい気持ちって周りの人に共有したくなるものなんだなーと思いました。(あといいね!で残念だったことを同情してほしい)



思ったことの、備忘録でした。